ネット依存・ゲーム依存とは

インターネットは時間や場所を選ばずに利用でき、その便利さと大きな魅力から今やなくてはならないものとなりました。しかし、炎上、いじめ、歩きスマホなどさまざまな問題も抱えています。「依存」もその1つです。

ネット・ゲーム依存とは?
回復のステップは?

ネット依存、ゲーム依存,スマホ依存について,その症状や治療法,メカニズム,回復のステップなど詳しくご説明します。

詳しくはこちら

ネット・ゲーム
依存度チェック

ご自身やご家族が「今はどの段階なのか」をセルフチェックできます。現状を把握し、先の見通しを持てたり、対策を検討することができます。

詳しくはこちら

MIRA-i(ミライ)について

MIRA-i の「i」はinternetの「i」と私(I)の「i」インターネット

私たちはネット依存・ゲーム依存に専門特化し、最先端の知識と技術を使った回復支援を行っています。
全国を対象としたオンラインカウンセリングと、対面でのカウンセリングを東京吉祥寺にて実施しています。
MIRA-i(ミライ)についてをもっと見る

世界保健機構(WHO)は2019年5月、「ゲーム障害」を新たな依存症として認定しました。依存状態になると、昼夜逆転や、学校・仕事への欠席、家族関係の悪化など日常生活にさまざまな支障をきたします。しかし、わが国ではネット依存やゲーム障害を専門的に治療する医療機関は数少ないのが現状です。
そこで、私たちはネット依存・ゲーム依存に専門特化し、最先端の知識と技術を使った回復支援を行っています。

ネット依存 専門心理師 紹介

心理師 森山 沙耶

森山 沙耶

もりやま さや

公認心理師、臨床心理士、社会福祉士

2012年東京学芸大学大学院教育学研究科を修了後、家庭裁判所調査官として勤務。少年事件・家事事件の調査を行う中で、非行少年の更生や離婚調停など家庭紛争の調整に関わる。大学病院に臨床心理士として勤務。2016年から、うつ病など精神疾患を抱える方の社会復帰の支援を行っている。2児の母としての経験と心理臨床の経験を生かして子育て支援に関する講演活動等も行う。2019年8月、独立行政法人国立病院機構 久里浜医療センターにてインターネット/ゲーム依存の診断・治療等に関する研修(医療関係者向け)を修了。

研修の修了証書

独立行政法人国立病院機構 久里浜医療センターのインターネット/ ゲーム依存の診断・治療等に関する研修の修了証書。

研修の修了証書

3つのサービス

ネットやゲームと健康的に付き合い、一人ひとりが明るい未来に向かって
歩みを進められるよう、私たちは以下の3つのサービスを提供しています。

各サービスを選択する目安

各サービスを選択する目安 各サービスを選択する目安

お勧めしているサービスと状態の対応表になります。個人によって状態は異なりますので、あくまで目安とお考え下さい。
年齢が若いほど症状の進行が早い場合があり、状態がかなり深刻になってからご相談頂くケースがございますので、早めの対応をお勧めしております。

個別カウンセリング

個別カウンセリング

対面かビデオ通話にて、ご本人やご家族とお話させていただき、一人ひとりに合ったカウンセリングプログラムを作成し、回復に向けてアプローチしていきます。

詳しくはこちら
家族会

家族会

同じ悩みを抱えるご家族同士や専門心理師との意見交換を通して、悩みを分かち合い、一緒に考え、解決の道を探していきます。

詳しくはこちら
イベント・セミナー・勉強会

イベント・セミナー・勉強会

ゲーム依存、ネット依存、スマホ依存に関連する様々なイベントや教室を開催いたします。

詳しくはこちら

イベント

支援を必要とする方が気軽に身近に相談できるよう、
オンラインカウンセリングも行っております。

お問い合わせはこちら

  •  
  •  
イベントスケジュールをもっと見る

ネット/スマホ/ゲーム依存研究所 ミライラボ

ネット/スマホ/ゲーム依存研究所 ミライラボ

会社・MIRA-i紹介

運営会社について

株式会社KENZAN

代表取締役
森山育亮
本社所在地
〒166-0002
東京都杉並区高円寺北 2-29-14
伊藤第二ビル 205 号
設立日
2014年6月26日

店舗/アクセス